O SLOW LIFE

オスロでの生活の中で感じたことを書きます。

バルト三国制覇(予定)

また旅行ネタになります!

 

一昨年の秋に、週末でラトビアのリガに行きました。

その時はノルウェーに引っ越して半年程経ったときで、ノルウェーに引っ越してからは初めての海外旅行!(スウェーデンは除く)

ちょうどノルウェーの物価の高さと寒い冬に心が萎んでいたことだったので、

ラトビアではスパや美味しいレストランでの食事&お酒を楽しみました❣️

 

今更ですが、そのときに訪れたスパはこちら。

www.tripadvisor.com

 

2人セットの3時間コース(マッサージとスクラブ等のトリートメントで1時間半、後は貸切の部屋でサウナやジャグジーが使えるような内容)でしたが、マッサージもうまいし、貸切で使えるお部屋もとても快適で、大満足の内容でした!

これで1人当たり100ユーロ以下だったと思います。

 

ディナーでのレストランはひたすらトリップアドバイザーで口コミランキングで上位から攻めました。行ったお店はどこも正解で、食事もお酒もフルに堪能しました⭐️(ランチはラーメンとか食べたけど、それはそれで面白かった。笑)

 

ノルウェーだと外食で少し良いところに行ってワインペアリングもすると、大体1人2,000kr位(約25,000円)超えてしまいます。(お酒を飲まない人はコースだけなら1,000kr前後だと思います。)

そのため、ノルウェーでは我々夫婦は特別な日以外はなかなか外食はしませんが、リガはそれと相当のレストランでも1人100ユーロは超えなかったと思います。

全体的な物価の感覚としてはノルウェーの半分の感覚です。

 

調べたところによると、バルト三国は北上するにつれ物価は少し上がるみたいです。真ん中のラトビアから攻めてしまったけど、せっかくだからリトアニアとエストニアも行きたいよね、ということになり、来週行ってきます‼️

今回はラトビアは通過で、リトアニアのヴィリニュスとエストニアのタリンに!

 

相棒も私もリサーチ好きなので、スパからレストランまで入念にリサーチし、全て予約は完了済み❣️

 

今回リサーチ(主に口コミの熟読)をしていて気づいたのですが、トリップアドバイザーのヴィリニュスやタリンのスパやレストランの口コミで、英語に続く勢いでノルウェー語が多い!人口500万人の国が、英語に続く勢いって!笑

いかにノルウェー人がバルト三国でたまの贅沢旅行を楽しんでいるかということがよくわかりました。

 

ヨーロッパで物価の高い国に住んでいて、贅沢シックになっているとにはバルト三国がおすすめです。北欧からはとても近いし、今度は夫を連れて行ってあげたいな〜と思います。

 

また帰っていたらブログでレポートしたいと思います!

 

 

 

EUのメリット・デメリット

よく「ノルウェーってEUじゃないの?」と聞かれますが、実はEUに加盟していないノルウェー🇳🇴

遠い国・日本の人だけでなく、近隣国の人もノルウェーはEUと誤解している人は多くいます。

 

過去に二度国民投票が行われて、どちらでも割と僅差でNOになったそうです💡

 

現在はEU加盟は特に検討されていないようで、Brexitを見て「ほれ見ろ!」的な世論が多いような気がしますねー。(あくまで個人的な感覚です。)

 

イチ住人としては、ノルウェーが非EUなのは輸出入の面では不便ですね〜💧

 

仕事ではネットショップの運営もしているので、毎日輸入、輸出に関わるのですが、ノルウェーはEUと誤解して(購入前に但し書きがあるにも関わらず)購入した主にEU圏のお客様から、関税やVATが請求された!というクレームはよくきます。

(基本的には各国のVATの%、関税として+20ユーロ前後請求されるみたいです。)

 

クレームは別に良いのですが、工場はEU圏にあるので、何か送るごとにInvoiceを作成するのは地味にかなり面倒です。またノルウェーの税関はかなり厳しく、少しでも書類に不備があるとすごーく細かく修正が入るので、大変です。

 

プレイベートでもネットショッピングをする店はEU圏を拠点にしている事が多く、ノルウェーに輸入するには関税と消費税が課され、これがまた高い!!

 

最近ではちょっとズル(?)をしています。

義母がスウェーデンに家を持っているのでネットショッピングをするときはそちらの住所に送っています。スウェーデンの家には月1位で行っているみたいなので、時間はかかりますが急ぎでなければこの方が断然安く購入できます。

(近所の方が郵便物はまとめて受け取ってくれているみたいです。)

 

反対にEU圏に旅行するときはノルウェー在住だとTax Freeができるので便利ではあります。先月スペインに行ったときはお得に買い物できました〜。

(これはEU云々だけでなく北欧圏の協定もあり、ちょっと複雑ですが・・・。)

 

イチ住民としてはこれくらいのひらたーい感想しかありませんが、書いているうちにちょっと勉強したくなりました。

 

2019年

2019年初投稿〜

もう七草粥も鏡開きも過ぎた時期ですが、あけましておめでとうございます。

ブログを読んでくださっている繋がりの方も、リアルのお友達も今年もよろしくお願いいたします!

 

毎年新年の目標を立ててます。10個くらいざっくり箇条書きで手帳に。

昨年はほとんど達成できていたから良かった!

 

掻い摘んで書くと、2019年は引き続きノルウェー語の勉強を続けて、年内には1回ノルウェー語のテストを受けようと思います(1回目だけ無料というルールなので一度も受けていない。)

ノルウェーに引っ越して1年半、0からのスタートだったこともあり今までは上達しかなかったけど、そろそろ努力無しでは成長が止まるころ。こないだ知人からも言われました、ノルウェーに10年20年住んでても今の私位のノルウェー語レベルの人がたくさんいると。学校もあと暫くは無料で通えるので、がんばって続けて年内目標はこちらでB2と呼ばれているレベルをテストでパスしたいです。

 

あとは去年散々旅行したけど、今年もたくさんの場所にいけますように〜。

2018年、狂ったように旅行しまくってました。笑 仕事も割と自由、子どももいないで自分の好きなときに好きな場所に行って自分の好きなように遊べる時期って人生のうちでずーっとある訳ではないと思うので、今を大切にしたいなぁ。

とりあえずは3月に友人の結婚式でキューバに行くので今からとても楽しみ!

 

 

あとは2018年に目標にしていたこととして、ノルウェーに引っ越す前の体型に戻すこと、があったけどそれは無理だったw ただそれ以上増えることもなく現状維持はできているからセーフということに・・・。痩せることは諦めたからこれ以上太らないように気をつけたいです。引っ越してから通ってたヨガスタジオが遠くなったからヨガスタジオは辞めちゃってて、それからほとんど運動してないから、運動も再開しなきゃなーと思います。

 

 

他にも色々目標はあるけど、そんなこんなで今年も楽しく過ごせますように〜!

ノルウェーで家を買う

実はクリスマス直前に引っ越しました!

 

ノルウェーに引っ越してから1年半、アパートを借りていました。

 

ノルウェーでは住宅の値段が上がり続けていて、家を買うことは一番失敗しない投資とも言われています。

そのため、よく「どうして買わないの?賃貸してるなんて勿体無い!」といろんな人から言われていました。

 

我々としては賃貸していた家も快適だったし、そんなにすぐ買うつもりはなかったのですが、私は元々家探しのサイトとか見るのが好きで、(ノルウェーに住みながらもSumoとかホームズとか見てるくらい。笑)暇なときに予算内で買える家を検索してみたりしていました。

 

 

そして内見に夏頃から行き始めました。といってもかなりゆるーく、気になる家の内見のスケジュールがあって気分が乗れば行く程度。

 

ある日、内見に行き、夫も私もとても気にいる家がありました。

しかしノルウェーでは内見から数日後にはオークション(購入希望者が入札する日)が開催されるのですが、私たちはなにせ本腰を入れて家探しをしていなかったもんで、まだ銀行と話すらしておらず、購入する意思も固まっていない状態だったので、入札ができませんでした。

 

内見日もかなり人が多かったし、きっとあの家は購入されてしまっただろうなーと、夫も私も2人ともすごく気にいる家って中々なかったので残念に思っていました。

 

それから暫く経ってから、やはりその家が気になり、念のため不動産屋にあの家は購入されたのか問い合わせてみたところ、入札金額をオーナーが受け入れなかったため落札されず、オーナーは今年は売るのを辞めるか検討している最中とのこと。

 

我々としては購入するなら一度義父と一緒に家を見ておきたいと思っており、(義父はまさに不動産投資をしていて住宅事情に詳しいので)オーナーに連絡をとり、義父と一緒に再度家を見に行きました。そして納得し、入札することになったのですが、前回のオークションのときに入札したけど落札できなかった人が、今回はオーナーの希望する金額で入札する予定とのことを聞かされました。我々としては同じ金額で入札するつもりなので、金額が跳ね上がらないかビクビクしていました。

 

オークション当日、一向に不動産屋から連絡がないのでどうしたもんかと思ったら、なんと他の入札希望者が日本に旅行中で連絡が取れないとのこと・・・。そのまま連絡が取れなかった場合は後日に延期かと思いきや、一度始まったオークションは終了時刻の時点で締め切り、オーナーが金額を受け入れればそれで決定とのこと。そしてその通りに日本に旅行中のカップルとは連絡が取れないままだったらしく、我々が落札することができました。

 

こうして人生で一番高いお買い物はライバル日本に旅行中のため、あっけなく終了!w

名前も知らないライバルさんたち、日本に旅行してくれていてありがとうと言いたい・・・(しかし事前にオークションの日程とか連絡していなかったのか謎だけど、、、まあ良かった。)

 

そして色々な事情からクリスマス直前に引っ越すことになりとてもバタバタでしたが、新しい家は快適でとても満足しています。色々気に入っているポイントはあるけど、湯船があり、引っ越してきてからほぼ毎日お湯をためてお風呂に入っています。寒いノルウェーの冬でお風呂ほど有難いものはない!

 

新しい家で良い年を迎えたいなーと思います。

 

 

師走

お久しぶりの投稿。

 

11月は10日間モロッコに行って来たり(いつかその旅ブログも書けるといいな、、、インスタに写真まとめてあげてもうやりきった感はあるけど、色々インスタには書けないネタもあるし〜、)

 

モロッコから帰って来てからは仕事も繁忙期で忙しく、それ以外にも有難いことに遊びの約束がたくさん入っていて、更には再来週に引っ越しもあり、バタバタと過ごしておりました。

 

そんな日々の中、なんとなく、ふと一人言をどこかに書きたくなるときってあるよね。

 

 

まさに今がそんな気分なんです。そんなときのためにブログがあって良かった。

 

このブログはランキングとか参加してないんだけど、結構閲覧者がいて嬉しいです。

見てくれている人はブックマークしてくれているってことだもんね?

 

たまにブログ見てるよーって言ってくれる人もいて、有難い限り。

時に一人言のはけ口になっているブログですが今後ともよろしくお願いしますw

 

(夫は常にはけ口にしすぎて愛想をつかれないように、たまには外部にはけ口も設けさせていただきます)

 

 

 

 

定期的に思うのよ、自分が好きなことを仕事にできるって本当に素晴らしいことなのだなと。

 

 

詳しくは書かないけど、日本にいたときに働いていた業界で働きたいけど、今は違う業界で事務的な仕事をしています。

 

英語圏でもない外国に住んでいて、言葉以外にもハンディキャップが大きく、いつの日かノルウェーに住みながら自分のしたい仕事に就ける日は来るのだろうかと思います。

 

同世代で日本でバリバリと働いていて、活躍している友達を見ると自分は随分遠いところに来てしまったもんだ、と思います。

 

 

もっと血のにじむような努力をして、ノルウェー語の勉強したり、大学院こっちで行くとか、それくらいの努力をするべきなのかもしれない。

 

 

でも日々フルタイムで働いて週2で学校行くので今は精一杯で、怠けてるときも多いし、そこまでの努力をできていない現状・・・。

 

 

そうなりたいという姿があるのであれば実現できるようにもっと努力しなければなぁと思います。うーん、、、がんばろう。

 

 

 

 

 

 

 

ノルウェーの婚約指輪?

天然石みたいな石がついてる指輪で日本でも人気なTOMWOODの名前が思い出せなくて、「ノルウェー 指輪」でGoogle検索したらTOMWOODの次に「ノルウェーには婚約指輪は存在しない」という記事を発見しました。

 

つい気になって読んでみたのですが、内容は要約すると、「ノルウェー人は婚約指輪を買わない。存在すら知らない人もザラ。婚約したら結婚指輪を買って左手につけ、結婚したら右手に付けかえる。」という内容でした。

 

 

私の周りではノルウェーにおいても婚約指輪をあげる・もらう人が多いので、ちょっとびっくりしました。

 

 

記事を書かれた方もノルウェー人と結婚されているみたいなので、恐らくその方の周りではそれが普通なのだと思います。書かれたのも数年前で、終わりの部分に最近は婚約指輪を準備する男性も多いようです、と書かれていたので時代的なものもあるのかも?

 

 

自分が知っている限りだと、やはりプロポーズするタイミングでダイヤの婚約指輪をプレゼントする方が多いと思います。日常的に婚約指輪を付ける人もいれば、特別な日やドレスアップするときだけ付ける人もいます。

 

 

私たちの場合は、夫が先にダイヤだけ準備して、自分たちで考えたデザインをベースにして婚約指輪はオーダーメイドしました。(主に私が)すごくこだわって決めたのでとてもとても気に入っています❤️日常的に使いやすいデザインにしたので、結婚してからも毎日付けてます。

 

結婚指輪も同じ店でオーダーしました。ノルウェーでは結婚指輪は右手に付ける人が多いですが、私たち夫婦は左手に付けています。

 

 

日本でも婚約指輪を準備するかしないかは、人によってそれぞれだと思います。

特に仕事上、日常的に婚約指輪を付けられないという方も日本には多いと思います。

そのため婚約指輪の代わりに時計等日常的に身につけやすいものをプレゼントする方も最近は多いみたいですね。

 

ノルウェーでも人によると思いますが、とりあえず婚約指輪が存在しないなんてことはナイヨとノルウェー人の名誉のためにお伝えしておきます!

 

 

ノルウェーのワーキングカルチャー

私はノルウェーの会社でフルタイムで事務の仕事をしているわけですが、

(事務というか庶務的な感じでなんでも屋さん的なポジションにいる)

 

私の働いている会社のワーキングカルチャーはとてもカジュアルです。

 

特に何でも屋的なポジションにいると、人から色々仕事を頼まれることが多いのですが、とてもカジュアルでたまにびっくりするレベルのこともあります。w

 

例えば、取引先から依頼された内容を(おそらく自分がやる時間が無いから)本文ナシでそのまま転送してくる人とか、

 

5W1Hのうち1Wくらいしか入ってないメモ(例・誰かの電話番号、要件は不明)が机に置かれていたり・・・。

(もはや誰が依頼してきたのか探すところから始まる。w)

 

もちろん会社によっても色々と雰囲気は違うので「ノルウェーは全てこう」と一括りにすることはできません。でも外部の大企業の人とやりとりをするときも、基本的に日本人の感覚だと結構びっくりすると思います。

 

日本にいたときにはドイツの会社で働いていたので、ドイツ人とはたくさん仕事をしましたが、ドイツ人は日本人と同じかそれ以上にきっちりしている人が多いですね。

だから一緒に仕事しやすかったです。同じヨーロッパで地理的にも近いのにノルウェーは全然違くてびっくりしました。

 

日本だと社会人としてのマナーとかメールの書き方とか、新卒時代に徹底的に叩き込まれますが、ノルウェーではそういう感覚を他人に期待すると、がっかりするかもしれません。

 

ただ日本人的な感覚は感謝されることも多く、Japanese perfectionとよく褒められるので無駄になったとは思っていません。

 

なぜ今こんなことをブログに書いているかというと、まさにさっきあまりにも雑なメールが来ていらっとしたからです😂

 

なんだか最近、愚痴気味のブログが続いてて良くないですね〜

 

でももちろん嫌な部分ばかりではありませんよ!!

 

基本的にゆるいので、周囲から急かされたりすることはなく自分のペースで働くことができます。頼まれたこと終わってなくても、定時に帰ります。

また、周りの人がしょっちゅう忘れるので、自分がたまに頼まれた仕事を忘れてしまっても嫌な顔をされることがありません。w

 

日本だと「自分に厳しく、他人に優しく」が美学ですが、実際には「自分に厳しいから、他人にも厳しい」人が多いような気がします。

ノルウェーだと「自分に甘く、他人にも甘く」な人が多いですね。

 

日本的な几帳面さとノルウェーのカジュアルさ、中間位がちょうどいいなーとよく思います🙂