O SLOW LIFE

オスロでの生活の中で感じたことを書きます。

17. mai

5月17日はノルウェーのナショナルデーでした🇳🇴

1814年5月17日の憲法制定を記念する祝日で、ノルウェー各地でバレードや祝賀行事が盛大に催される日。

 

 

普段首都のオスロでも人混みってあまり無いのだけれど、この日は王宮に向かうパレードやそれを見に来た人々で街中がごった返しのお祭り騒ぎです💥

 

私はノルウェーでこの日を過ごすのは2回目だけど、去年も今年も友人カップル宅でのブレックファースト(朝からシャンパンを飲む🍾)からパレードが終了するお昼頃に王宮までみんなで散歩してゆるーくパレードを見学するというコースを楽しみました。

 

パレードは子どもがメインなんだけど、去年初めて見てかなり衝撃だったのがパレードの緩さ(悪く言うとクオリティーの低さ

 

日本で「パレード」って言うと吹奏楽とか足並み揃った行進とか、どんな学校でもそれなりのクオリティーが期待できるものだと思うんだけど、

ノルウェーのパレードはただ子どもが国旗持って練り歩いているだけw 足並みもバラバラだし、最後のほうとか疲れてて明らかにやる気無い子多数w

 

まあこれが「ノルウェーらしい」といえばその通りなのだけど、田舎の公立校で運動会のエイサーやら花笠音頭やら「全員がぴったり揃うまで」練習させられた日本人からすると本当に衝撃的でした。日本の吹奏楽部とか、どの学校でもノルウェーならテレビ出れるレベルなんじゃないだろうか・・・。

 

今年もゆるーいパレードを見学し、そのあと友人宅の近くの公園でまったりして帰宅しました。天気が本当によくて、公園でまどろんでたら少し寝てしまった😪

 

17.maiの過ごし方は人それぞれで、若者は一日中飲みまくったり(今年はこの日が金曜日だったから、ノルウェーには珍しく酔いつぶれてる人が結構いた・・・)、子どもがいる家庭は子どものパレード中心になったりするみたいです。

 

私は友人宅で他の数組のカップルと朝食からのパレードをのんびり見学するこのスタイルが気に入っていて、来年も同じカップルがホストしてくれるそうなので良い伝統になりつつあります🌼

春はいずこ

先週半ばまでは暖かい日々が続き、衣替えして冬物は完全に仕舞おうかなと思っていたのですが、メイデーあたりを境に急にまた寒くなり、気温は2度で雪も降りました。

 

これがノルウェーの春ですね・・・🌸

衣替えしなくてよかった・・・。

 

 

最近なぜか、11月に行ったモロッコをよく思い出します。

 

しばらく旅行に行っていないので、あの騒然としたメディナの雰囲気が恋しくなるのかなぁー🇲🇦

 

旅行中は携帯が表示する時差がズレててバス乗り遅れたり、トイレ行きたすぎるのにタクシーの運転手にそれすら伝わらなかったと思ってたら伝わってて、大自然の中、川辺の物陰で用を足すことになったりw、カオスなことも起きたけど、なんだかあのカオスが恋しい今日この頃。

 

6月の後半から日本に帰るけど、それまで旅欲が抑えられるか・・・。

 

少し弾丸でもヨーロッパの近場旅行でも行こうかなぁ。

 

 

最近オスロにタピオカミルクティーを売る店ができて(前からあったけど気付かなかっただけかも)タピオカ大好きな私は狂喜したものの65クローネ・・・。

味は案外甘さ控えめで美味しかったんだけど、タピオカミルクティー一杯で約830円ってやはりオスロの物価は何年経っても驚かせてくれるわぁー。

ってことで今日は仕事帰りにアジアスーパーでタピオカを購入して自宅で作ってみようと思います。

 

国際結婚と姓名判断

ノルウェーも含む海外の方に自己紹介をした後などに、

名前の意味を聞かれることがよくあります。

 

 

私の名前は姓名判断で決まったので、そのため名前の意味を説明するのは結構難しいです。一つ一つの漢字の意味はあるけど、繋げると意味をなしていないというか。

 

なので、気力があるときには、日本には画数から名前の運勢を占う習慣があり、私の名前はグッドラックになるように付けられた名前で・・・と説明するけど、そもそも海外には画数という概念がないので、あまりピンとこないみたいです。

 

 

それでも大人になってからネットや本で自分の名前の姓名判断をしたところ、

確かに運勢の面ではかなり強運な名前をもらったということがわかりました。

 

 

私が生まれたときに、この子が結婚する頃には夫婦別姓が当たり前になっているだろうからと親は考えて、一生フルネームで使えるように大吉な名前にしてくれたそうです。

 

なんだか結構先進的考えだったんですね、私の両親は。

 

そんな希望的観測は実ることなく、現代日本では夫婦別姓は当たり前どころか選択すらできない状況なわけですが、外国人と結婚した場合は例外的に夫婦別姓にすることができます。

 

ということで2年前に夫と入籍したときに苗字をどうするかかなり悩みました。

 

フルネームで使える名前で両親が付けてくれたから、最初は夫婦別姓を選択するつもりでした。

 

でも夫の家族は夫婦同姓+奥さんの旧姓をミドルネームにするのが習慣になっていて、

(その子どももお父さんの姓+お母さんの旧姓ミドルネーム、ノルウェーでは結構多いパターン)夫もそうするつもりなので、同姓がいいなぁということは言っていました。

 

 

日本人と結婚したら選べないのに、選べるからこそかなり悩みました。

 

とりあえず別姓にしておいて後から手続きで同姓に変えることもできるけど、数ヶ月以内に決めないと家庭裁判所で手続きとかややこしいことになるみたいでした。

 

 

最終的には夫の姓でカタカナ姓になった場合で姓名判断をしてみたところ、まさかの元々の旧姓よりも更に運勢が上がるということがわかったので、迷うことなく夫と同姓にすることにしました。笑 

 

そうして夫もお母さんの旧姓だったミドルネームから私の日本人の苗字のミドルネームに変更。金髪に髭面でどうみてもノルウェー人な夫が日本人の苗字のミドルネームなのはちょっとおもしろい。ノルウェーでは絶対に被ることのない名前になりました。

 

日本人の名前にはミドルネームの仕組みがないので、私は戸籍上は夫の姓だけですが、通称のとき(仕事とかSNS上とか)は旧姓をミドルネームみたいに使ってます。

ノルウェーでの登録はミドルネームを入れられますが、そうするとパスポートとの名前と違ったりでややこしくなりそうだったのでやめておきました。

 

 

姓名判断とか日本にしか無い習慣だし(もしかしたら中国とかあるかもしれませんが)普段私は占いとか手相とかスピリチュアルなことは信じない主義なのに姓名判断を気にするとか矛盾してるかもしれませんが、やはり自分の名前がそこから来てることもあり、自分の将来の子どもの名前をつけるときは、やはり気にしてしまいそうです。

 

 

ちなみに、個人的な考えですが、日本でも早く夫婦別姓が選べるようになればいいのになーと思います。同姓がいい人は同姓にすればいいし、別姓がいい人は別姓を選択できるようになればいいと思います。

私自身は同姓にしましたが、知人で別姓がいいから事実婚してる人や苗字を守る為にペーパー離婚したって人も日本にいるので、別姓を許すことは同姓希望の人の権利を侵害するものでもないので、選択制にすればいいと思います。同性婚についても同じ考えです。

 

 

自転車ライフ?

今月末に公共交通の1年定期が切れるタイミングで一旦定期を更新せずに、自転車通勤を始めようと思っていました。

 

定期は1年で7500クローネ。(オスロ市内は電車・バス・トラム等乗り放題)

1ヶ月定期は750クローネだから年間で買うと2ヶ月分お得になります。

 

 

家から職場までは自転車で片道約20分。

行きはひたすら下りだから楽だけど、帰りは上り坂できついものの、

安くない定期代の節約にもなるし、良い運動不足解消になるかなーと思っていたのですが、2日目にして挫折しそう😓

 

家と職場の往復だけでもきついけど、昨日は学校もあって学校までの道のりがさらにひたすら坂道で、もう途中で漕ぐのを断念して押して徒歩。

 

それでも疲れすぎて授業中も眠くなるし、帰宅してからも気付いたらソファで寝てた💦

 

とりあえず3ヶ月くらい続けようと思ってたけど、2日でこんだけきついなんて、これは無理かも・・・。

 

とりあえず今日は雨だしトラムで通勤したけど、既に数日前の自信とやる気は地に落ちました。

 

結局ちょこちょこ電車やバス使うなら、1回券が割高だから結局定期買うほうがお得だったりするし・・・。

 

少し前までは人間少し無理するくらいがちょうどいいと思ってたけど、最近無理しても良いことないなと思うことが続いたので、ここは大人しく定期を購入するかもしれません。まだ数日定期残ってるから悩みどころです。

 

 

お昼ご飯難民

ノルウェーに住んでもうすぐ2年となるのに、未だにお手頃にパパッと食べられるランチがよくわかりません、(というかそういう存在すらあるのか知りません。笑)

 

職場にカフェテリアがあるところは良いのですが、私の職場には残念ながらありません。

 

なので基本的には毎日ランチを持参しています。といっても大体冷凍しておいたご飯と前日の夕飯の残り物を持って行くだけなのですが、残り物が無い日は冷凍ご飯と納豆(自宅で発酵させている手作り納豆)だけという、質素を通り越して侘しいランチです😢

 

でもたまに冷凍ご飯のストックが切れていたり、前日の夜に炊くのが面倒で、それすら持って来れない日もあります。

 

そういう日は大抵職場の近くにあるSubwayでその日お得なメニューを買うのですが、今の所それ以外に選択肢があまりありません。

 

バーガーキングとかマクドナルドは近くにあり、約100クローネ以下で食べられますが、あまりヘルシーではないので本当にジャンクフードを求めているときだけにしています🍔。

 

職場の近くに最近気に入ったベジタリアンレストランがあるのですが、テイクアウトでも150クローネ位するし、平日のランチにはちょっと贅沢かなぁと。

 

あとは少し歩いたところにベトナムのサンドイッチ・バンミーのテイクアウトのお店があって美味しいので、そこもエスニックを求めているときは行きます。ここはバンミーが79クローネ。

 

あとはスーパーとかカフェは幾つかあるけど、あまり食べたいと思うものがなく・・・。Subwayの野菜たっぷりサンドイッチは大好きなのだけど、基本的にノルウェーのカフェに売ってるサンドイッチがあまり好きじゃないんです💔(致命的w)

 

毎日ちゃんとしたお弁当作っている人は本当に尊敬しますー。

特に旦那さんのために愛妻弁当を冷凍食品とか使わずに作っている方、爪の垢を煎じて飲ませていただきたい。(ちなみにうちの夫の職場にはカフェテリアがあるので、夫はランチ持参不要です。)

 

日本では、最初の職場は社内に無料のカフェテリアがあり、同僚とのランチが楽しみだったし、転職した後はランチ激戦区の五反田だったので、安くて美味しいランチスポットがたくさんあって、毎日ランチは仕事中一番の楽しみでしたー。

 

今後もお昼ご飯難民は続きそうなので、なるべく持参するのを忘れないようにしよう・・・。

 

一時帰国2019

長い長い冬も終わり、やっとノルウェーも春らしくなりました。

ノルウェーで過ごした二度目の冬だったけど、一度目の冬よりは楽しく過ごせたかな?

 

今年もなんだかんだ夏に日本に一時帰国することにしました。

 

7月の極暑の日本に3週間ほど行きます。今回も夫と一緒です😉

 

去年久々に日本の夏を経験して、日本の夏はやはり暑いなーと感じた💦

次は夏以外の季節に帰ろうと思ってたんだけど、色々時期を考えていたら結局今回も夏になってしまった😓

 

 

夏服より冬服のが出番が格段に多いノルウェーなので、去年冬服を日本で買い足したかったんだけど、真夏には売ってる訳もなく・・・、カーディガン位しか買えなかったので、今年は好きなブランドのオンラインショップで、冬の終わりのセールで大量に購入して実家に配送済み。

買いすぎて他に食べ物とか入れるスペースがスーツケースに残ってるか心配だわ😫

 

今から美味しいもの食べるのがとにかく楽しみです。

 

去年は予定詰め込みすぎて忙しない一時帰国になってしまったので、今年はちょっとのんびりしようと思います。まだ少し先だけど今から楽しみすぎる💕

 

ノルウェーの永住権

あと数ヶ月でノルウェーに引っ越して丸2年。

来年は永住権を申請する年になるので、まだ早いけど備えあれば憂いなしということで、色々必要な条件を調べてみました。

 

ノルウェーはこんな感じなんだなと参考程度に見ていただければと思います。

 

以下、UDI(ノルウェーの移民局)のホームページからの抜粋。

2019年3月時点でのデータ、かつ私の理解なので、もし参考にされる方がいればご自身での再確認をお願いします。

 

永住権申請の条件

 

・ノルウェーに住んで3年になる年の、在留許可が切れる3ヶ月前から申請できる。

 

・申請料を支払う。(3,100kr)

 

・自分で生活できるだけの収入がある。および、生活保護を受け取っていない。

(過去12ヶ月の収入が242,966kr以上。なぜこんなに刻む・・・?)

 

・犯罪歴がない。

 

・義務での社会学習の修了とノルウェー語のテストA2レベル以上を合格

 

ノルウェー語のテストは、Norskprøveというもので、Kompetanse Norgeという(おそらく)政府機関の管轄テストです。在留許可にもよりますが、1回目は無料で試験を受けることができます。2回以上受ける場合は有料。

下からA1、A2、B1、B2レベルに分かれています。

 

ノルウェー語のレベルとしては更に上のC1,C2というレベルもありますが、Bergenstestという他のテストを受けなければならず、この試験は別の私立機関の管轄のため初回から有料。

 

永住権の必要条件であるA2はつまり、レベルとしてはかなり初級。英検で言うと4級くらいのレベルになると思います。

 

またこのテストに合格するために、在留資格にもよりますが私のように家族移民(ノルウェー人との婚姻等)の場合は550時間、無料でノルウェー語のコースに通うことができます。550時間はかなり長く、私は1年以上週6時間半のコース(3時間15分×週2)に通っていますが、まだ200時間以上残っているみたいです。

 

ただ午前中のクラスは頻度が週3や週4のクラスが主流みたいなので、もっと短期で集中して受けたい人は午前のクラスに通うこともできます。

 

この550時間は必須ではないので、多くの人は途中でテストを受けて、卒業していきます。A2以上で合格するとコースは無料でなくなるので、A2以上のレベルを狙う人は自分が目指すレベルに合格できそうな手応えがあるときまで、テストは受けないパターンが多いです。私も同様で、現在はB2レベルのクラスにいて、B2に合格できる自信があるときまではコースを続けようと思っています。ただ来年の春にはテストに受かってないと永住権の申請ができないので、そうゆっくりもしてられないなと・・・。

 

ノルウェー語のテストとは別にノルウェー社会について勉強する50時間のコースと理解度を試す試験に合格する必要があります。この50時間のコースは家族移民の場合は必須。(労働移民の場合はコースが有料なので、必須ではないらしい。)

 

社会学のコースは自分の母国語で受けることができる、そうです。

ただ日本語とか(こちらでは)マイナーな言語については、人数を集めるのに時間がかかるので、開催頻度はかなり低いみたいです。私がノルウェーに来る直前に開催されたみたいで、暫くは開催されないかもしれません。アラビア語とかタイ語はしょっちゅう開催されてるみたいです。

 

また謎なことに、私はノルウェーに住んで1年になる頃にコース招待(招集?)のレターがきましたが、私よりも長く住んでいても招集の声がかからず、自分から問い合わせして受けた、という友人もいます。母国語による違いかもしれません。

私は昨年の夏に英語で50時間修了して、テストも合格しました。

幸運なことに先生がよくて、アメリカ人のノルウェー人のハーフでノルウェー社会を客観的に見れる人だから、50時間楽しく通えました。(先生がつまらないと退屈すぎて地獄みたいです。あとはノルウェー社会賞賛を聞かされるだけ、みたいなパターンも多いらしい・・・。)

 

私にとってはこのノルウェー語レベルと社会学について、来たばかりのときよくわからず、いろんな人から見聞きして理解した内容なので、ちょっと細かくまとめてみました。

 

それ以外の条件に関しては、読んだままそのままな部分が多いと思います。

 

以前は年収の条件は無かったみたいですが、ちょうど私がノルウェーに引っ越して来た2017年頃に追加されたみたいです。

242,966krは日本円にすると約315万円の年収。

外国人が仕事を見つけるのが容易でないノルウェー社会において、少し厳しい条件でもありますが、同時にノルウェー社会で仮に1人で生きていくことになった場合、必要最低限のボーダーになっているのかなとも思います。

ある意味ではノルウェーが自国を守る為に設けた厳しい条件になっていると思います。

 

基本的には永住権がなくても在留許可を更新し続けることができるし(更新費用は毎度かかるけど)そもそも今後ノルウェーに永住すると決めた訳でもないので、永住権取る必要性は高くないのですが、一応来年ノルウェーに引っ越して3年の区切りとして申請しようと思います。夫とはとても仲良しですが、人間である以上死別離別は起こりうるので、そのときにノルウェーで年金暮らしする選択肢があってもいいかなと・・・。

 

ちなみに永住権を取得した後、2年以上ノルウェー国外に住む場合は、永住権保持のためにまた色々と別の手続きが必要みたいです。私にとってはこの部分を調べるのが結構大切かもしれません・・・。